メール占いは占術選びが大切

今、メール占いというものが話題となっています。以前まで、占いというと、町の占いの館などで、対面での占いで鑑定をしてもらうというのが一般的でした。

しかし、今はスマートフォンが爆発的に普及し、手軽にメール占いという形で、占い師鑑定をしてもらうことが可能となっています。

しかし、メール占いをやってみる前に、まずは占い師選びや占術選びが肝心です。
たとえば、占い師を選ぶ場合にも、どんな占術を使って占ってくれるのか、ということをきちんとプロフィールなどを参考にしなければなりません。

占いには、さまざまな占術があり、その占術によって得意、不得意が異なります。
たとえば、占術には東洋系の占術、西洋系の占術があります。

東洋系の占術には、有名なもので、四柱推命や算命学、九星気学などの占術があります。一方で、西洋系の占術には、西洋占星術などがあります。

これらの占術は、どれも元々のその人の運命というものを視ることができる占術なのですが、自分の出生時間がわからない場合には、四柱推命は適していない…など向いている占術があります。

このため、あらかじめ占術についても調べておくことで、自分に適した占い師を選ぶことができるでしょう。
また、四柱推命の場合には、その人の人生の流れなどを知ることができますが、九星気学の場合には、その人の運勢の良い方位や、相性などがわかる、など、その占術によって知ることができることが違います。このため、相談の内容によっても占術選びが大切となります。

どの占い師の方に相談をしていいのかわからない、という場合には、人気ランキングなどを参考にして、人気の占い師の方に相談をしてみるとよいでしょう。

メール占いはこのように、自分の相談によって、占術を選ぶことが必要ですが、そのほかにも、メール占いをする場合には、占ってもらいたい内容などを正確に伝えるようにしましょう。

メール占い鑑定|恋の悩み~恋愛相談|口コミで人気のサイト特集

対面占いでは、占い師に全ての内容を事細かくその都度いうことができます。しかし、メール占いでは一方通行となりますので、細かい内容を最初にすべて提示しておくことが必要となります。たとえば、相性占いならば、自分の生年月日だけではなく、相手の名前や、生年月日が必要となるケースがあります。そうすることで、メール占いの場合には、より詳しく正確に、占ってもらうことができるといえるでしょう。
このため、メールの場合には、最初から情報を全て書き込んでいくということが大切です。